2011年06月



2011年06月18日

【投資家登録+DM登録で1500円+最大1%キャッシュバック!】SBIソーシャルレンディング

米国のソーシャルレンディング大手となるプロスパー社の財務諸表等を検証
する事で、今後のソーシャルレンディングの問題点を考えていきます。

まず、米プロスパー社は下記の通り、ユーザー数100万人以上、
累計融資2.38億ドル(1ドル80円で約170億円)を誇る世界でも
有数のソーシャルレンディング事業者です。

米国のソーシャルレンディングから問題点1


しかし直近の損益は1000万ドル(約8億円)の赤字です。
しかも昨年もほぼ同じ1000万ドルの赤字。

米国のソーシャルレンディングから問題点2


構造は売り上げは約100万ドルに対して人件費約480万ドルや
広告費60万ドル等、なかなか手厳しい内容です。

ただ、クリスさんの年間の給料は35万ドルで3000万円近く。
他に30万ドル近い役員が2人。
さすがアメリカです。売り上げ1億円なのにこの3人の役員だけで、
売り上げが全部食われるわけですな!

米国のソーシャルレンディングから問題点3


また、株主比率もCEOで創業者のクリス氏は5%たらずの持分。

米国のソーシャルレンディングから問題点4


もちろん、それでも下記のように多額の資金がベンチャーキャピタルから
流入しているのを見れば、中長期でみればこのビジネスは物凄く成長する
ポテンシャルを秘めていると考えているからでしょう。

米国のソーシャルレンディングから問題点5


また、資産も現金で約400万ドル保有しております。

米国のソーシャルレンディングから問題点6


そして、何よりも心強いのはあのグーグルのシュミット氏を含む投資家が追加
で出資を行った事。

米国のソーシャルレンディングから問題点11


今は日本でもどのソーシャルレンディング事業者も苦戦しておりますが、
それはグルーポン等と同様、社会にはその内、浸透していくインフラとなる
事が出来れば、このビジネスモデルは世界に、そして、日本にも定着
するでしょう。


07:02│ソーシャルレンディング問題点 | ソーシャルレンディング比較


【投資家登録+DM登録で1500円+最大1%キャッシュバック!】SBIソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングを日本で提供している1社のAQUSHの
2011年6月18日時点での最新出資状況をレポートしつつ、
ソーシャルレンディングの問題点について考察していこうと思います。

ソーシャルレンディング_AUQSH



ソーシャルレンディング_AUQSH_b


この表は1ヶ月毎に次のファンドにロールオーバーされるかんじの
仕組みとなっており、この出資貸付前の額3400万円程度が、
現在のAQUSHで貸し出せる原資のすべてとなります。

で、今月は半月以上たって貸し付けた額は上記の表を見る限りは
425万円。だいたいこれに

4%と3年間の回収期間x1.5%x0.5 
の6.25%程度


がAQUSHの売り上げと考えると、30万円たらず(しかも半分は3年
かけて回収)。資本金1億円以上の会社がきっちりシステム作って、
ホームページも綺麗にたてつけているにも関わらず、月間の売上は
そのへんのアフィリエイター1人より低い。

これを市場の幕開け前の静けさとみるか、
それとも時代のあだ花となるかは、
ネット金融最大手のSBIソーシャルレンディングがどれだけ、
この”ソーシャルレンディング”というものを日本に認知できるかに
かかっているかと思います。

グルーポンは米国で物凄い勢いでの伸びそのまま世界最速のベンチャー
となりました。さすがにソーシャルレンディングはそこまで旨みはない
ビジネスかもしれませんが、仮に借手のデフォルトを低く抑える事が
出来れば、為替リスクをとらずに5%程度の利回りを確保できる
かなり旨みのある金融商品として成長するのではないでしょうか?

ただ、このモデルはやはり、回収と審査など、ヤフーオークションと
違って、規模が拡大すればそれだけ人を雇わなければいけなビジネス
です。ある意味グルーポンと一緒ですが、利益率は極端に悪い。

かなりの規模(数百億円単位の融資実績がある米国の
ソーシャルレンディングでもまだまだ赤字。)まで融資額やリピーター、
ユーザーが集まれば黒字化する可能性はあるでしょう。

しかし、それは、ヤフーオークションやライブドアブログが事業部として
単体で黒字化するまでには長い時間がかかった事を鑑みれば、
今のところ、どこのソーシャルレンディング事業者もグルーポンの
ように気合の入った所はなさそうで、認知度が向上して、日本に根付く
まで、SBIソーシャルレンディングがサービスを続けられるかが一つのキーとなるの
ではないでしょうか?


06:37│ソーシャルレンディング問題点 | ソーシャルレンディング比較


2011年06月17日

【投資家登録+DM登録で1500円+最大1%キャッシュバック!】SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディング社が投資家向に掲載しているファンドの出資状況
の画面を更新しました。

◆◆ SBIソーシャルレンディング 出資比較

ソーシャルレンディング比較0618


融資申込総額約3.5億円に対して承認金額が約0.2億円。
これはかなり、SBIソーシャルレンディングでは借手を厳格に審査
している事がよくわかります。

◆◆ AQUSH 出資比較

ソーシャルレンディング比較0618


元SBIグループにいた大前副社長が陣頭指揮をとるAQUSHは
開業1.5年で借入申込額約20億円。ただ、実際に審査に通過した
のは20%以下という事と、私の独自の調査から1.5億円もあれば
いい方ではないでしょうか?

◆◆ maneo 出資比較

ソーシャルレンディング比較0618aa


日本のソーシャルレンディングのパイオニアであるmaneoですが、
累計融資額5億円超とはなっておりますが、資金難から、エムグラント
フードサービスの資本下に入ってからは、その会社のフランチャイズ系
の宣伝ばかりするようになり、融資額は伸びているものの、そんな
フランチャイズに貸して簡単に儲かるなら新東京銀行が貸している訳
で、そんなにうまくいくとは思っておりません。

まぁ、でも、そうはいっても、日本最大のソーシャルレンディング
事業者で、金融庁の圧迫に折れずに未だに米国のソーシャルレンディング
と近いサービスを提供している日本唯一の会社ではあります。


22:02│SBIソーシャルレンディングの運用実績 | ソーシャルレンディング比較


2011年06月12日

【投資家登録+DM登録で1500円+最大1%キャッシュバック!】SBIソーシャルレンディング

オハヨウございます。
SBIがソーシャルレンディング業界に殴りこみをかけて、2ヶ月が立ち、
話題沸騰中のソーシャルレンディング業界ですが、
本日は、先行してサービスを開始している2社もあわせて、その
ファンドの運用状況がどうなっているのか比較していきます。

SBIソーシャルレンディング評判05290601vaaa


SBIソーシャルレンディング評判05290601vafa


■■■ SBIソーシャルレンディングのファンドの運用状況

SBIソーシャルレンディング06112


SBIソーシャルレンディング06112a


前回比較した時よりも着実に人が集まって融資のマッチングが行われ始めて
いるのがよくわかります。1年たてば業界最大のソーシャルレンディング
事業者になる事は間違いないでしょう。

また、5月19日時点のファンド運用状況も会員向けに公表しており、

SBIソーシャルレンディング06112aa


まだまだ、出資総額は2000万円たらずと少ないですが、SBIの
ブランドを最大限活かして、ソーシャルレンディングの市場の創設に
尽力して頂きたい!

 ⇒ SBIソーシャルレンディングの評判口コミ

■■■ AQUSHのファンドの運用状況

・ローンの申し込み額の推移
AQUSHとSBIソーシャルレンディングとの比較a


AQUSHは実際の融資額ではなく、申し込みベースでの公表の為、
額が20億円たらずとぶっとんでおります。承認率を10%程度とする
と実際の融資額は2億円に届かない程度でしょう。

・ローンの用途
AQUSHとSBIソーシャルレンディングとの比較b


資金使途は広く分布しているのがわかります。米国では借り換えが圧倒的だっ
たのに対して、日本ではかなり健全なマーケットを形成しているといえる
でしょう。

・ローンの返済状況
AQUSHとSBIソーシャルレンディングとの比較c


なんと、貸し倒れが1%程度しか出ていない事がAQUSHの驚異的な理
由です。

・ユーザーの分布状況
AQUSHとSBIソーシャルレンディングとの比較d


やはり、関東圏が多いですが、北海道や大阪、福岡などにも利用者が増え
ているのがわかります。

■■■ maneoのファンドの運用状況

・ローンの申し込み額の推移
maneoとSBIソーシャルレンディングとの比較d


・各ローンの運用状況
maneoとSBIソーシャルレンディングとの比較da


SBIソーシャルレンディング評判05290601vaaa


SBIソーシャルレンディング評判05290601vafa



09:08│ソーシャルレンディングの運用実績の比較 | ソーシャルレンディング比較


2011年06月10日

【投資家登録+DM登録で1500円+最大1%キャッシュバック!】SBIソーシャルレンディング

オハヨウございます。

今朝は、maneoとAQUSHの2社のソーシャルレンディング事業者について、出資状況を比較します。

■■ AQUSHの出資状況のソーシャルレンディング比較

ソーシャルレンディング比較a


実際にエクセルに落として集計すると・・

ソーシャルレンディング比較aa


現在4000万円近い資金が出資されており、貸付にまわったのは200万円程度。

■■ maneoの出資状況のソーシャルレンディング比較

ソーシャルレンディング比較


maneoはぱっと見は日本のソーシャルレンディング事業のパイオニア
なんですが、個人向けローンだけに絞ってみてみると、デフォルトが15%程度。

ソーシャルレンディング比較


↓↓ やっぱりこういった新しい金融商品はSBIのように大手でやるのが一番安心 ↓↓






04:08│ソーシャルレンディング比較 | SBIソーシャルレンディングの運用実績