2015年02月



2015年02月12日

【投資家登録+DM登録で1500円+最大1%キャッシュバック!】SBIソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングに投資をするならば、運営会社自体の信用力を鑑みて、最有力候補となるであろうSBIグループが提供するSBIソーシャルレンディングでしょう。

※ ソーシャルレンディングとは、お金を投資したい人と借りたい人をインターネット上でマッチングするサービスで、米国・英国で生まれました。2014年12月には米国でレンディングクラブ社が株式上場を果たして、時価総額は1兆円以上となっております。日本でもSBIを筆頭として数社かサービスを行っており、年間のマッチング額は数十億円に達しており(米国では数千億円!)ます。

ソーシャルレンディングとは?

そのSBIソーシャルレンディングが提供している各ファンドの実際の運用実績について検証していきます。

SBIソーシャルレンディングが提供しているファンドは大きくわけて、下記の3種類となります。

  1. 不動産を担保に融資する貸付事業に出資するファンド

    SBISLコーポラティブハウスローンファンド 2011年8月から運用開始
    運用利回り 4%~6% 運用総額 10億4,970万円 償還総額 8億1,870万円

    SBISL不動産バイヤーズローンファンド 2013年9月から運用開始
    運用利回り 3.5%~4% 運用総額 4億7,620万円 償還総額 1億8,620万円

  2. SBI証券に株券を保有する人へ株券を担保に融資する貸付事業に出資するファンド

    SBISL証券担保ローンファンド  2012年1月から運用開始
    運用利回り 2% 運用総額 4億3,162万円 償還済額 3億2,878万円

この3種類のファンドでは運用開始以降、焦げ付きが発生した事はなく、たとえ焦げ付きが発生したとしても、不動産や株券を担保としている事から相当に安全性が高いファンドといえるでしょう。

ただ、過去にはSBIフリーローンファンド等の、無担保で法人や個人に融資する貸付事業に投資するファンドもありましたが、個人向けの融資事業で返済に遅延等が発生した事から、取扱いを中止してしまいました。

しかし、投資家保護を第一に考えて取扱いを中止した事を鑑みれば、目先の利益にとらわれる訳ではなく、あくまで投資家保護を優先した訳であり、信頼に値する処置であったといえます。

そこらへんがSBI証券や住信SBIネット銀行を傘下にもつSBIグループの強みであり、信頼に値する所以だと考えます。

もし、ソーシャルレンディングに投資をしたいと考えるならば、SBIソーシャルレンディング以外に選択肢はないと断言できるでしょう。

 




06:39│SBIソーシャルレンディングの運用実績 | ソーシャルレンディング比較


2015年02月10日

【投資家登録+DM登録で1500円+最大1%キャッシュバック!】SBIソーシャルレンディング

ソーシャルレンディング業界は2011年5月現在、3社が日本で
サービスを行っています。

ソーシャルレンディングとは簡単に説明すれば、ヤフーオークション
のマネー版といえるでしょう。

AさんがBさんにお金をソーシャルレンディング業者を通じて貸し付けて利息
をもらうといったサービスです。

日本では銀行に預けても0.3%前後と超低金利である事や、外債で10%近い
利回りがあるとしても、為替リスクを伴う事を考えれば、日本の消費者の
信用リスクに投資をして、10%近い利回りを得る事ができる新型の金融商品です!

日本ではSBIソーシャルレンディング、マネオ、AQUSHの3社がサービス
を提供しております。

やはり、会社の信用力から考えても、資金を預けるにたる会社はSBIだけな
ような気がします。また、長期にわたって借り手から回収をしてもらえる信頼性
が一番高い会社もSBIではないでしょうか?

そういった意味ではマネオやAQUSHは独立系の資本で、孤軍奮闘では
ありますが、よくやっているとはいえます。でも、やはり、倒産のリスクは
SBIよりかは高いでしょう。

またSBIソーシャルレンディングでは、まとまった個人に分散して投資家の
お金を貸し付ける事で、借り手が破産した時などのリスクを分散している事が
最大のメリットでしょう。

米国でも結局は投資家は1件1件案件を見て、個人に貸付る方法はそれほどは
やっておらず、SBIソーシャルレンディングとにたような仕組みをとっている
レンディングクラブがはやっております。1件1件見る形式のプロスパー社は
自動入札ツールを導入しました。

SBIソーシャルレンディングで現在募集を行っている投資商品は、

SBIソーシャルレンディング評判0529


と、借り換えローンと、フリーローンに投資を行うファンドで合計3つ。

SBIソーシャルレンディング評判05290601v


また、SBIローンファンドへの投資のポイントをまとめたのが上図です。
最低投資額1万円から、また、ファンドの分配は毎月ある所が最大の
ポイントです。

また、サービス開始後のファンド運用状況は下図の通りで、やっと貸付
がはじまった模様です。

SBIソーシャルレンディング評判05290601va


なお、現在の全ファンドの状況は、

SBIソーシャルレンディング評判05290601vaa


SBIソーシャルレンディング評判05290601vaa


といった感じです。

予測ですが、SBIは唯一、過去に専業のインターネット消費者金融であるイコールクレジットを運営した経験があり、その経験を最大限つかうはずです。また、投資家はSBI証券に保有する顧客から誘導すれば、大金が集まる可能性があります。

どちらにても、今後、目が話せないのがSBIソーシャルレンディングですね!


15:00│SBIソーシャルレンディング | SBIソーシャルレンディング評判口コミ