2016年01月



2016年01月12日

【投資家登録+DM登録で1500円+最大1%キャッシュバック!】SBIソーシャルレンディング

久しぶりの投稿となりますが、過去にソーシャルレンディングを含むクラウドファンディング全体の市場分析を作ってみましたので、アップします!

2015年6月13日に調査したもので少し古いかもですが、業者数敵には販売型がかなり多いものの、出資額で見た場合には貸付型が圧倒的なボリュームである事がわかります。実に全体の75%程度は貸付型に資金が集中しております。

・・・そして貸付型クラウドファンディングの大半は不動産を担保にした融資である事が興味深いですね。

やはり、相手が見えにくいクラウドファンディングだけに不動産が担保に入った貸金契約書があるかないかは大きな違いになるのでしょうね。販売型とは違って、出資(融資)を受けた相手は、法的に返済を行う義務が出てくる上に、返済が滞った場合には問答無用で不動産を競売にかける事で、最低限の資金の回収が確保できている事が貸付型が大繁盛している最大の要因でしょう。

貸付型クラウドファンディングでは独立系のmaneo社とSBIグループが運用するSBIソーシャルレンディングがあります。

クラウドファンディング・ソーシャルレンディング全体の市場分析
タイプ 累計出資額 会社数
貸付型(ソーシャルレンディング) 41,393,231,247 4社
投資型 5,578,778,600 3社
販売型 4,118,452,740 29社
寄付型 1,145,015,621 1社
合計 52,235,478,208 37社
 
image

■ ソーシャルレンディング/クラウドファンディング市場全体の分析

■ ソーシャルレンディング/クラウドファンディング事業者比較

■ 貸付型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)市場比較

■ 投資型クラウドファンディング市場比較

■ 寄付型クラウドファンディング市場全体の分析




14:36│ソーシャルレンディング比較 | クラウドファンディング比較