2011年04月18日

【投資家登録+DM登録で1500円+最大1%キャッシュバック!】SBIソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングを審査基準で比較 日本ではSBI、AQUSH、maneoの3社がサービスを行っている
ソーシャルレンディングですが、各々のホームページで公開している審査基準
について、比較してみました。

ソーシャルレンディング事業者の審査基準の比較
サービス名 年収 年齢 その他
SBIソーシャルレンディング 300万円以上
*新卒は見込み年収200万円以上
20歳以上65歳未満 本人確認が取れること
在籍確認が取れること
AQUSHローン 300万円以上 20歳以上70歳以下 本人確認が取れること
過去5年以内に債務不履行がないこと
maneo パーソナルローン 300万円以上 記載なし 他社借り入れの額150万円以下であること
延滞履歴等がないこと

各社、どこも似たような審査条件となっております。

◆◆◆ SBIソーシャルレンディングの審査基準の比較

ソーシャルレンディング比較SBI


ソーシャルレンディング事業者は最低300万円は年収がないと借りられ
ないケースが多いが、SBIでは、新卒者に限って、見込み年収200万円
でもOKな所がポイントです。

◆◆◆ AQUSHの審査基準の比較

ソーシャルレンディング比較AQUSH


AQUSHの審査基準は、クレジットカードもしくはローンの利用実績がなければ NGとの事で、今まで一度も借金した事がない人は、審査に承認されないよう です。これは、クレジット社会である米国のスコアリングモデルFICOに 頼って審査を行っている事からそうなのでしょうね。

◆◆◆ maneoの審査基準の比較

ソーシャルレンディング比較maneo


maneoについても同様に300万円以上の年収が必要です。
更に、総量規制に引っかからないとしても、自主規制?というような
規制も入っております。それは、年収に関係なく150万円以上、
借りている人は問答無用で審査に落ちる模様です。

・・・このあたりは、無担保向け借金の業界については最近勉強したで
あろう、元東京三菱銀行出身の方が社長であるのが原因ですかね。

総じて比較するとSBIソーシャルレンディングが新卒向けにローンを提供している点は
ソーシャルレンディングならではですね。また、maneoについては
借金が150万円あったら審査に落ちる模様です。

ソーシャルレンディング比較SBIZ



14:31│ソーシャルレンディング比較 | ソーシャルレンディング