2013年04月08日

【投資家登録+DM登録で1500円+最大1%キャッシュバック!】SBIソーシャルレンディング

先週ごろにR25を読んだところ、ソーシャルレンディングについて特集の記事が組まれておりました。

ソーシャルレンディングの評判



詳細はR25の記事を読んでいただければわかりますが、要約するとこんな記事になります。

銀行の預金金利はスズメの涙。そんな中、注目をあつめているのが、ソーシャルレンディング。
※ ソーシャルレンディングとはネットを介してお金の貸し手と借り手をマッチングさせるサービスです。
日本では、maneo、AQUSH、SBIソーシャルレンディングの3社がサービスを提供。

→ SBIソーシャルレンディングやソーシャルレンディング自体について説明したページはコチラ

maneoの累計融資額は73億円と直近1年で3倍に増加。
融資先は、“会社設立から日が浅い”“短期で少額の融資を希望”など、銀行融資を受けにくい中小企業が多い。
ただ、当初は個人向けの融資を扱っていた所、貸し倒れが発生した事から、中小企業向け融資に注力した所、残高が増加した。

また、R25ではソーシャルレンディングのメリット・デメリットを下記のようにまとめておりました。

メリット:
高い利回りに加えて、価格変動リスクの大きい株や投資信託などと違い、ある程度収益が読めるのはメリット

デメリット:
元本保証ではないので貸し倒れリスクがあり、かつ、融資先から返済があるまでは、途中で資金が必要になったからといって、株式みたいに売却して現金化する事が出来ない


上記のことから、R25では、

「融資する会社の詳細や、会社が資金を投資するプロジェクト内容、担保条件などを吟味した上で、投資を行い、かつ投資先を分散することが重要」

としております。

今後はますますソーシャルレンディングが成長していきそうな気配ですね!


11:33│ソーシャルレンディング | ソーシャルレンディング比較