2014年12月28日

【投資家登録+DM登録で1500円+最大1%キャッシュバック!】SBIソーシャルレンディング

クラウドファンディング事業者はここで比較したように、雨後の筍のごとく、乱立している状況ですが・・・融資事業へ匿名出資するタイプのクラウドファンディング(ソーシャルレンディング)についてはSBIソーシャルレンディング、マネオ、AQUSH、クラウドバンクの4社のみでした。

が、ここにきて5番目のソーシャルレンディング事業者がいつの間にか出現しておりました。

ラッキーバンク 
その名もラッキーバンク。なんだか、パチンコホールのような名称ですが、内容は不動産を担保とした融資に絞ったソーシャルレンディング事業者のようで、結構固めのビジネスモデルです(SBIソーシャルレンディングも担保付に絞っているので、固いですが)。

ざっと会社概要を見てみると・・・

社名

ラッキーバンク・インベストメント株式会社

設立

2014年5月1日

所在地

東京都中央区八重洲一丁目1番地3号 壽ビル9階

連絡先

電話番号:03-6262-3477

FAX:03-6262-3478

EMAIL:info@luckybankinvestment.co.jp

役員構成

代表取締役社長  越後 篤

代表取締役副社長  田中 翔平

取締役  阿佐見 税

監査役  豊嶋 克廣

資本金

50,000,000 円

従業員数

6 名

資本金は貸金業登録に最低必要な5,000万円。従業員数は6名となっておりますね。社長の越後氏は函館ラサール~東北大学出身のエリート。

なお、2014年末時点で目に付く募集案件は

A.予定利回り 8% 運用期間 10か月 募集金額 2,000万円(残り98万円)

B.予定利回り 9% 運用期間 8か月 募集金額 1,000万円(成立)

C.予定利回り 10% 運用期間 8か月 募集金額 2,000万円(成立)

の3案件となっております。

C.について詳細なスキームをチェックしてみると・・・

image11

不動産収益物件の修繕・改装資金を不動産を担保として融資する内容となっております。

担保の取り方としては、すでに抵当権が設定されており、当該融資は二番目の抵当権を設定する事になっている模様。

とはいえ、不動産の鑑定評価額は6.5億円で、一番目の抵当権の残高は2.7億円で、残高は約3.8億円。

十分な額とはいえるでしょう。

ソーシャルレンディング事業はクラウドファンディング事業と違い、貸金業と金商2種業の登録が必要な事からハードルが高いですが、米レンディングクラブのごとくIPOする事業者が誕生する事を願っております。




01:45│