比較



2016年01月12日

【投資家登録+DM登録で1500円+最大1%キャッシュバック!】SBIソーシャルレンディング

久しぶりの投稿となりますが、過去にソーシャルレンディングを含むクラウドファンディング全体の市場分析を作ってみましたので、アップします!

2015年6月13日に調査したもので少し古いかもですが、業者数敵には販売型がかなり多いものの、出資額で見た場合には貸付型が圧倒的なボリュームである事がわかります。実に全体の75%程度は貸付型に資金が集中しております。

・・・そして貸付型クラウドファンディングの大半は不動産を担保にした融資である事が興味深いですね。

やはり、相手が見えにくいクラウドファンディングだけに不動産が担保に入った貸金契約書があるかないかは大きな違いになるのでしょうね。販売型とは違って、出資(融資)を受けた相手は、法的に返済を行う義務が出てくる上に、返済が滞った場合には問答無用で不動産を競売にかける事で、最低限の資金の回収が確保できている事が貸付型が大繁盛している最大の要因でしょう。

貸付型クラウドファンディングでは独立系のmaneo社とSBIグループが運用するSBIソーシャルレンディングがあります。

クラウドファンディング・ソーシャルレンディング全体の市場分析
タイプ 累計出資額 会社数
貸付型(ソーシャルレンディング) 41,393,231,247 4社
投資型 5,578,778,600 3社
販売型 4,118,452,740 29社
寄付型 1,145,015,621 1社
合計 52,235,478,208 37社
 
image

■ ソーシャルレンディング/クラウドファンディング市場全体の分析

■ ソーシャルレンディング/クラウドファンディング事業者比較

■ 貸付型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)市場比較

■ 投資型クラウドファンディング市場比較

■ 寄付型クラウドファンディング市場全体の分析




14:36│


2015年02月10日

【投資家登録+DM登録で1500円+最大1%キャッシュバック!】SBIソーシャルレンディング

ソーシャルレンディング業界は2011年5月現在、3社が日本で
サービスを行っています。

ソーシャルレンディングとは簡単に説明すれば、ヤフーオークション
のマネー版といえるでしょう。

AさんがBさんにお金をソーシャルレンディング業者を通じて貸し付けて利息
をもらうといったサービスです。

日本では銀行に預けても0.3%前後と超低金利である事や、外債で10%近い
利回りがあるとしても、為替リスクを伴う事を考えれば、日本の消費者の
信用リスクに投資をして、10%近い利回りを得る事ができる新型の金融商品です!

日本ではSBIソーシャルレンディング、マネオ、AQUSHの3社がサービス
を提供しております。

やはり、会社の信用力から考えても、資金を預けるにたる会社はSBIだけな
ような気がします。また、長期にわたって借り手から回収をしてもらえる信頼性
が一番高い会社もSBIではないでしょうか?

そういった意味ではマネオやAQUSHは独立系の資本で、孤軍奮闘では
ありますが、よくやっているとはいえます。でも、やはり、倒産のリスクは
SBIよりかは高いでしょう。

またSBIソーシャルレンディングでは、まとまった個人に分散して投資家の
お金を貸し付ける事で、借り手が破産した時などのリスクを分散している事が
最大のメリットでしょう。

米国でも結局は投資家は1件1件案件を見て、個人に貸付る方法はそれほどは
やっておらず、SBIソーシャルレンディングとにたような仕組みをとっている
レンディングクラブがはやっております。1件1件見る形式のプロスパー社は
自動入札ツールを導入しました。

SBIソーシャルレンディングで現在募集を行っている投資商品は、

SBIソーシャルレンディング評判0529


と、借り換えローンと、フリーローンに投資を行うファンドで合計3つ。

SBIソーシャルレンディング評判05290601v


また、SBIローンファンドへの投資のポイントをまとめたのが上図です。
最低投資額1万円から、また、ファンドの分配は毎月ある所が最大の
ポイントです。

また、サービス開始後のファンド運用状況は下図の通りで、やっと貸付
がはじまった模様です。

SBIソーシャルレンディング評判05290601va


なお、現在の全ファンドの状況は、

SBIソーシャルレンディング評判05290601vaa


SBIソーシャルレンディング評判05290601vaa


といった感じです。

予測ですが、SBIは唯一、過去に専業のインターネット消費者金融であるイコールクレジットを運営した経験があり、その経験を最大限つかうはずです。また、投資家はSBI証券に保有する顧客から誘導すれば、大金が集まる可能性があります。

どちらにても、今後、目が話せないのがSBIソーシャルレンディングですね!


15:00│


2013年10月15日

【投資家登録+DM登録で1500円+最大1%キャッシュバック!】SBIソーシャルレンディング

久しぶりの更新になりますね。

その間に、SBIソーシャルレンディングでは、SBISL不動産バイヤーズローンファンドというファンドの募集を行いました。

結果は完売です。

ここのところ勢いにのるSBIソーシャルレンディングですが、抽選で15名に1万円をプレゼントするキャンペーンや、投資家登録だけで1000円をプレゼントするキャンペーン等、かなり手厚い環境となっております。

SBIソーシャルレンディングのキャンペーン


ソーシャルレンディングを開始する上では、投資家の獲得にSBIが力をいれている事から、イマデショ!

さて、直近で完売したSBISL不動産バイヤーズローンファンドについて、概要を比較していきます。

■ SBISL不動産バイヤーズローンファンドの評判を比較



SBISL不動産バイヤーズローンファンド


 ・ 貸付期間 ・・・ 約1年
 ・ 融資利率 ・・・ 6.63%(2社平均)
 ・ 手数料率 ・・・ 年間3%
 ・ 運用利率 ・・・ 3.63%(予定)
 ・ 担保   ・・・ 不動産への抵当権の設定


上記の通り、土地が担保となった金利6.63%(2社平均)の融資事業への出資となっております。

手数料は年利3%なので、問題なく融資先から返済があれば、年間で3.63%の配当がもらえる計算になりますね。

■ SBISL不動産バイヤーズローンファンドのスキーム図を比較



SBISL不動産バイヤーズローンファンドのスキーム図を比較
※ クリックすると拡大します。


上記の通り、SBISL不動産バイヤーズローンファンドの流れは下記の通り。

① 不動産を売却したい方が宅建業者へ不動産を売却。

② その際の買取代金をSBIソーシャルレンディングで募集を行う。募集した金額を用いて、宅建業者が買取する不動産を担保に、当該宅建業者に対して融資を行う。

③ 宅建業者は売却元へ資金を支払う。

④ その後、宅建業者は第三者へ担保となる不動産を売却する。

⑤ 宅建業者は第三者から売却代金を徴収する。

⑥ SBIソーシャルレンディングへ、宅建業者は、第三者へ担保を売却した資金でもって、返済を行う。


■ SBISL不動産バイヤーズローンファンドの担保を比較



SBISL不動産バイヤーズローンファンドの担保の比較


また、当該融資の肝となる担保についても、融資金額は担保評価額の80%以内との事で、担保価値が20%以上、下落しない限りは問題ありません。

これは相当に心強い担保ですね!

なお、過去の同型のローンファンドのトラックレコードを検証しておきます。

■ SBISLコーポラティブハウスローンファンドのトラックレコードを比較



SBISLコーポラティブハウスローンファンドのトラックレコードを比較
※ クリックすると拡大します。


上記のとおり、いままで返済が遅延し、結果、配当が遅れた事は一度もありません。

これはかなり、おいしい投資商品といえるでしょう。

実際、募集が開始された場合はほぼ、即日に完売となっており、出資を希望される方は下記のバナーからお早めに投資家登録をする事をすすめます(登録まで1週間程度はかかりますので)。

SBIソーシャルレンディングのキャンペーン



17:52│


2013年08月21日

【投資家登録+DM登録で1500円+最大1%キャッシュバック!】SBIソーシャルレンディング

みなさんはもう知っていますか?

インターネットを徹底的に取入れる事で金融業界に大革命がおきている事を。
ついに個人と個人がネットを通じてお金を出資しあう時代が到来したのです。

■■■ ソーシャルレンディングとは? ■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ソーシャルレンディングは海外で急激に拡大している
新型の金融サービスで、ヤフーオークーションのように
個人と個人の需要をマッチングするサービスです。

ソーシャルレンディングとは
ヤフオクと違うのは、流通するのがお金という点です。

たとえばAさんが脱サラしパソコン教室をひらくとします。
定期的な収入がない事から手元の資金はとっておきたい。
かといって銀行から借り入れするほどの担保も信用もない。

こんな場合にソーシャルレンディングは威力を発揮します。
ネット上でパソコン教室を開くので年利7%で1年間
100万円を貸してくださいと募集を行えばよいのです。

既にアメリカ、英国では上場ま間近となっているソーシャル
レンディング。詳細な説明は、日本でソーシャルレンディング
のサービスを提供しているAQUSHの説明動画でわかり易い。



■■■ 各社の特徴を比較 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■

日本ではSBIソーシャルレンディング、AQUSH、マネオの3社が
ソーシャルレンディングのサービスを提供しております。

3社三様、それぞれ特色がありますので、比較表を作成しました。

会社名 SBIソーシャルレンディング maneo AQUSH
融資額累計 9億円 65.1億円 5億円(推定)
平均予定運用利率 3.98% 6~8% 7.90%
リスクリターンプロファイル ローリスクミドリリターン ミドルリスクミドルリターン ハイリスクハイリターン
ファンドの特徴 不動産もしくは株券を担保として融資 主に事業者向けローン 個人への無担保ローン
不動産を担保に融資を行う事業者へ融資 一部不動産担保あり 直近で不動産担保融資のファンドを開始
出資額の1%をキャッシュバックするキャンペーンを実施中 早期償還されるファンドが多い 自分の信用情報を販売してくっる
サービス提供会社の特徴 住信SBIネット銀行で有名なSBIグループ モンゴル投資や不動産関連ビジネスを手がけるUBIグループ 元ゴールドマンサックス社員と元SBI社員が立ち上げた絵浮く素チェンジコーポレーション社
自社の資本金 2.3億円 3.4億円 3.2億円
親会社の資本金 816億円 10億円 3.2億円
WEBpage
SBIソーシャルレンディング
マネオ
AQUSH

上記からすると、ベンチャー企業という事もあり、SBI以外は
本気で投資するには事業対の信用力がなさすぎる気がします。

なので、数千万円等の多額の資金を出資するのであればSBI。
目先の利息を拾いに行くのであればAQUSHといった所でしょう。

■■■ 各社の実績の詳細を比較 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■

3社のファンド運用額の累計を各社のWEBからキャプチャし比較
してみました。

■ SBIソーシャルレンディング ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

SBIソーシャルレンディングでは募集しているファンドを下記にまとめました。

ファンド種別 融資案件数(累計) 融資額 平均融資利率 平均予定運用利率
不動産事業者ローン 8 117,260,000 5.50% 3.00%
無担保ローン 66 78570000 8.79% 7.29%
コーポラティブ/ビジネスローン 11 578,700,000 6.23% 4.23%
SBISEC 102 146870000 3.50% 2.00%
合計 187 921400000 5.92% 3.98%

↓この図を集計した結果(WEBより投資家登録すると閲覧できます) SBIソーシャルレンディングの実績

SBIソーシャルレンディングの実績2

■ マネオ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ソーシャルレンディングとは

マネオは合計で65億円の融資額累計となります。

■ AQUSH ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

合計出資額 55,827,092円
合計貸付前額 10,197,092円
合計貸付額 45,630,000円
 合計貸付手続中 31,900,000円
 合計貸付済 13,730,000円
ファンド全体の貸付率 81.73%

AQUSHの実績

AQUSHでは今月の貸付累計額は約4,000万円。また、サービス開始から
約37ヶ月たつ事から、

37ヶ月 x 約4,000万円   x 補正項(もちろん推定。三角形の形で右肩あがりに増加を推定)35%  ≒ 5億円

程度の融資額と推定

SBIソーシャルレンディング_キャッシュバック_a



13:28│


2013年04月09日

【投資家登録+DM登録で1500円+最大1%キャッシュバック!】SBIソーシャルレンディング

2013年もホワイトデーを過ぎて15日となりました。
しばらく、ソーシャルレンディング3社(SBI、maneo、AQUSH)の運用実績について比較していなかったので、各社の最新の運用状況をチェックし比較してみました。

ソーシャルレンディングとは何ぞや?という方はコチラをどうぞ。

いまだ、事業性融資ファンドでは各ソーシャルレンディング事業者でデフォルトはおこっていないようです。

■ SBIソーシャルレンデイングの運用実績について


SBIソーシャルレンディングでは主に下記に示す3種類のソーシャルレンディングファンドを扱っております。


  • SBI証券担保ローンファンド

  • SBISLコーポラティブハウス型ローンファンド

  • SBISL不動産事業者ローンファンド

  • SBISL無担保ローンファンド(すでに募集を停止)



各商品の説明はコチラ

各々のファンド運用額とデフォルト率をチェックしていきましょう。

▼ SBISL証券担保ローンファンドの運用実績


SBIソーシャルレンディングの運用実績_03_15

現在の融資実行額は2億円弱となっております。また、現在の遅延状況も発生していない模様です。
なお、当該ファンドの想定運用利回りは2%となっており、株券が担保に入った融資である事を鑑みれば、かなり美味しい投資といえるでしょう。
※各ファンド個別の運用実績はSBIソーシャルレンディングに投資家として登録を行えば誰も閲覧可能です。

▼ SBISLコーポラ・不動産事業者ローンファンドの運用実績


SBIソーシャルレンディングの運用実績_03_15b

不動産事業者ローンファンドとコーポラティブハウス型ローンファンドは、SBISLオーダーメード型ローンファンドとして扱われております。個別のファンドのパフォーマンスを知りたい場合には、コチラより投資家登録を行えば確認可能となっております。
早速ですが、運用実績を確認していくと、現在の融資実行額は類型で8億円超。こちらもデフォルトなどはでておらず、土地が担保になる融資もあり、安全性が比較的高いファンドといえるでしょう。
予想運用利回りは5%から6%のものもあり、SBIソーシャルレンディングでは一番人気の商品となっております。
商品募集開始からすぐに売り切れとなる場合もあり、狙っている方はあらかじめ投資家として登録をしておくべきです。

▼ SBISL無担保ローンファンドの運用実績


SBIソーシャルレンディングの運用実績_03_15c

SBISL無担保ローンファンドはアイフル等と同様に個人向けに無担保でお金を貸し付けるファンドです。が、さすがにこの不況からか、遅延するファンドがあり、もう取り扱いをやめてしまいました。国内ではAQUSHのみ取り扱っているファンドとなります。
一応、運用実績について確認しておくと、8,000万円程度の融資をおこない、1,000万円超が遅延している模様です。
このファンドも投資家登録を行えば各ファンドの運用実績を確認することができます。中には金利が10%を超えるものもあり、非常に残念なファンドです。融資額が増加すれば遅延する率は下がっていくものなので、再開してもらいたいファンドであります。

SBIソーシャルレンディングでは上記合計で約10億円程度の累計融資額となっており、今後はコーポラティブハウス型ローンファンドのような担保付融資へのファンドを募集していく戦略のようです。

なお、現在最大1.5%のスプリングキャッシュバックキャンペーンを実施しており、投資を考えている方は今がチャンスといえるでしょう。

▼ maneoの運用実績


maneo社の累計融資額は70億円を突破しており、国内NO1のソーシャルレンデイング事業者となっております。
ただ気になる点は融資額が順調に伸びている割にはユーザー数があまり伸びていない点です。

maneoの運用実績


ただ、そうはいっても、maneoの運用実績はかなり優秀で70億円もの融資額を積み上げたにもかかわらず、事業性ローンではデフォルトが0である点です。

maneoの運用実績b


▼ AQUSHの運用実績


最後に国内で唯一、無担保ローン型のソーシャルレンディングを手がけているAQUSHの運用実績です。

AQUSHの運用実績


AQUSHの運用実績b


AQUSHでは融資額を公開しておらず”融資申込額”を公開しております。融資申込額が32億円。
また、個人向の無担保での貸付であるにもかかわらず、デフォルトした融資はほとんどない状況です。

・・・これはソーシャルレンデイング特有の問題で、通常の貸金業者であれば、返済遅延が発生し数ヶ月程度で債権回収機構(サービサー)に売却してしまうので、デフォルトが確定するのですが、ソーシャルレンディングの場合は、裏に投資家がおり、サービサーに二束三文で売却されるよりかは債権を保有しつづけて、あくまでも取り立てを行うというスタンスが起因しているとおもいます。

なので、デフォルト率は低くても遅延している率は結構高いのもかもしれません。

また、融資申込額にSBIソーシャルレンディング社が過去に公開していた無担保ローン型の融資実行率4.6%を乗じた推定融資実行額は約15億円。もちろん、SBIより厳しい審査を行っていると想定すると、10億円から5億円程度の融資実行額ではないでしょうか?

SBIソーシャルレンディング



18:24│