評判



2016年02月03日

【投資家登録+DM登録で1500円+最大1%キャッシュバック!】SBIソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングとは、投資家とお金を借りたい個人をインターネット上でマッチングするサービス。

米国で先行し、日本でも規制緩和から人気を博しているクラウドファンディングの一つの形態。
※ オンライン上での未上場株の売買が、クラウドファンディング事業者に限ってOKされる予定。

大手ネット金融グループであるSBIが参入した事等からも拡大が想定される新しい金融市場です。

ソーシャルレンディング比較


日本国内において主なソーシャルレンディング事業者は下記の3社。SBIソーシャルレンディングお金を借りたい側のWEB画面はこちら)、AQUSHを運営するエクスチェンジコーポレーション、maneoの社を比較した図を作成しました。

なお、14年に入りクラウドバンク(元みどり証券。2000年初頭の頃にリーンシートという未上場株の売買を行う市場をOKする規制緩和があった事から、それを狙って設立された証券会社)が新たに参入。ここのCEOは元AQUSHの副社長。

ソーシャルレンディング比較表 SBIソーシャルレンディング・AQUSH・マネオ
会社orサービス名 SBIソーシャルレンディング AQUSH マネオ
ファンドの概要 SBIソーシャルレンディング社が行う貸付事業(※1)に出資するファンド(※2)
※1 主に不動産や株式を担保に融資する貸付事業
※2 ファンドへの出資形態は匿名組合契約で、SBIソーシャルレンディング社が匿名組合の営業者となる。
SBIソーシャルレンディングと同様に、貸付事業に匿名組合出資を行うファンド。貸付事業の概要に、米国最大手ソーシャルレンディング社の借手希望ユーザーへ貸し付ける事業や、風力発電エネルギー等への融資など。 SBIソーシャルレンディング、AQUSHと同様に不動産を担保に融資する貸付事業に匿名組合出資を行うファンドがメイン
ほか、マネオの親会社となるUBIが連帯保証人のような形で債務の弁済を保証したうえで事業資金として融資を行うファンド等がある。
ファンド予定利回

証券担保ローン 2%
不動産担保ローン 3-5%
オーダーメード3.5-6%

グローバル 6.5%
不動産担保ローン 4%
無担保ローン 4-15%

不動産買取資金ローン 6%
事業性資金支援ローン 7%
運転資金支援ローン 10%
など

ファンド運用期間 1年 3年など 3年など
累計出資額 約44億円 約14億円 約200億円
最低出資額 1万円 1万円(入金5万円以上) 1万円
資本金 約6,000万円 約1億円 合わせて約3億円
株主 SBI 未公開 未公開
サービス開始 2011年3月1日 2009年12月1日 2008年10月1日
従業員数 11名 11名 7名
その他 今なら登録だけで現金1,000円をプレゼント中 - -

SBIソーシャルレンディング評判口コミ




15:55│


2015年02月10日

【投資家登録+DM登録で1500円+最大1%キャッシュバック!】SBIソーシャルレンディング

ソーシャルレンディング業界は2011年5月現在、3社が日本で
サービスを行っています。

ソーシャルレンディングとは簡単に説明すれば、ヤフーオークション
のマネー版といえるでしょう。

AさんがBさんにお金をソーシャルレンディング業者を通じて貸し付けて利息
をもらうといったサービスです。

日本では銀行に預けても0.3%前後と超低金利である事や、外債で10%近い
利回りがあるとしても、為替リスクを伴う事を考えれば、日本の消費者の
信用リスクに投資をして、10%近い利回りを得る事ができる新型の金融商品です!

日本ではSBIソーシャルレンディング、マネオ、AQUSHの3社がサービス
を提供しております。

やはり、会社の信用力から考えても、資金を預けるにたる会社はSBIだけな
ような気がします。また、長期にわたって借り手から回収をしてもらえる信頼性
が一番高い会社もSBIではないでしょうか?

そういった意味ではマネオやAQUSHは独立系の資本で、孤軍奮闘では
ありますが、よくやっているとはいえます。でも、やはり、倒産のリスクは
SBIよりかは高いでしょう。

またSBIソーシャルレンディングでは、まとまった個人に分散して投資家の
お金を貸し付ける事で、借り手が破産した時などのリスクを分散している事が
最大のメリットでしょう。

米国でも結局は投資家は1件1件案件を見て、個人に貸付る方法はそれほどは
やっておらず、SBIソーシャルレンディングとにたような仕組みをとっている
レンディングクラブがはやっております。1件1件見る形式のプロスパー社は
自動入札ツールを導入しました。

SBIソーシャルレンディングで現在募集を行っている投資商品は、

SBIソーシャルレンディング評判0529


と、借り換えローンと、フリーローンに投資を行うファンドで合計3つ。

SBIソーシャルレンディング評判05290601v


また、SBIローンファンドへの投資のポイントをまとめたのが上図です。
最低投資額1万円から、また、ファンドの分配は毎月ある所が最大の
ポイントです。

また、サービス開始後のファンド運用状況は下図の通りで、やっと貸付
がはじまった模様です。

SBIソーシャルレンディング評判05290601va


なお、現在の全ファンドの状況は、

SBIソーシャルレンディング評判05290601vaa


SBIソーシャルレンディング評判05290601vaa


といった感じです。

予測ですが、SBIは唯一、過去に専業のインターネット消費者金融であるイコールクレジットを運営した経験があり、その経験を最大限つかうはずです。また、投資家はSBI証券に保有する顧客から誘導すれば、大金が集まる可能性があります。

どちらにても、今後、目が話せないのがSBIソーシャルレンディングですね!


15:00│


2013年10月15日

【投資家登録+DM登録で1500円+最大1%キャッシュバック!】SBIソーシャルレンディング

久しぶりの更新になりますね。

その間に、SBIソーシャルレンディングでは、SBISL不動産バイヤーズローンファンドというファンドの募集を行いました。

結果は完売です。

ここのところ勢いにのるSBIソーシャルレンディングですが、抽選で15名に1万円をプレゼントするキャンペーンや、投資家登録だけで1000円をプレゼントするキャンペーン等、かなり手厚い環境となっております。

SBIソーシャルレンディングのキャンペーン


ソーシャルレンディングを開始する上では、投資家の獲得にSBIが力をいれている事から、イマデショ!

さて、直近で完売したSBISL不動産バイヤーズローンファンドについて、概要を比較していきます。

■ SBISL不動産バイヤーズローンファンドの評判を比較



SBISL不動産バイヤーズローンファンド


 ・ 貸付期間 ・・・ 約1年
 ・ 融資利率 ・・・ 6.63%(2社平均)
 ・ 手数料率 ・・・ 年間3%
 ・ 運用利率 ・・・ 3.63%(予定)
 ・ 担保   ・・・ 不動産への抵当権の設定


上記の通り、土地が担保となった金利6.63%(2社平均)の融資事業への出資となっております。

手数料は年利3%なので、問題なく融資先から返済があれば、年間で3.63%の配当がもらえる計算になりますね。

■ SBISL不動産バイヤーズローンファンドのスキーム図を比較



SBISL不動産バイヤーズローンファンドのスキーム図を比較
※ クリックすると拡大します。


上記の通り、SBISL不動産バイヤーズローンファンドの流れは下記の通り。

① 不動産を売却したい方が宅建業者へ不動産を売却。

② その際の買取代金をSBIソーシャルレンディングで募集を行う。募集した金額を用いて、宅建業者が買取する不動産を担保に、当該宅建業者に対して融資を行う。

③ 宅建業者は売却元へ資金を支払う。

④ その後、宅建業者は第三者へ担保となる不動産を売却する。

⑤ 宅建業者は第三者から売却代金を徴収する。

⑥ SBIソーシャルレンディングへ、宅建業者は、第三者へ担保を売却した資金でもって、返済を行う。


■ SBISL不動産バイヤーズローンファンドの担保を比較



SBISL不動産バイヤーズローンファンドの担保の比較


また、当該融資の肝となる担保についても、融資金額は担保評価額の80%以内との事で、担保価値が20%以上、下落しない限りは問題ありません。

これは相当に心強い担保ですね!

なお、過去の同型のローンファンドのトラックレコードを検証しておきます。

■ SBISLコーポラティブハウスローンファンドのトラックレコードを比較



SBISLコーポラティブハウスローンファンドのトラックレコードを比較
※ クリックすると拡大します。


上記のとおり、いままで返済が遅延し、結果、配当が遅れた事は一度もありません。

これはかなり、おいしい投資商品といえるでしょう。

実際、募集が開始された場合はほぼ、即日に完売となっており、出資を希望される方は下記のバナーからお早めに投資家登録をする事をすすめます(登録まで1週間程度はかかりますので)。

SBIソーシャルレンディングのキャンペーン



17:52│


2013年01月11日

【投資家登録+DM登録で1500円+最大1%キャッシュバック!】SBIソーシャルレンディング

こんにちは。

今年はソーシャルレンディングが爆発的に日本で普及する年となるでしょう。

※ ソーシャルレンディングとは、インターネットをつかって投資家と借手を直接結びつけるサービスで、米国では既に月間数十億円の投資と融資が実行されており、話題沸騰中の新型のファンドです!

 ⇒ ソーシャルレンデイングとは?

日本ではSBIソーシャルレンディング、AQUSH(アクシュ)、maneo(マネオ)の3社がサービスを提供しており、先日SBI運用実績について特集しました。

 ⇒ SBIソーシャルレンディングの最新の運用実績はコチラ

 ⇒ SBIソーシャルレンディングでは只今新春キャッシュバック1%中! 今日は、SBIに属していた大前氏とゴールドマンサックス社の社員だったラッセルカマー氏が立ち上げたAQUSH(アクシュ)の運用実績の評判についてみていきます。

■ AQUSH(アクシュ)への借入申込の推移

AQUSH(アクシュ)の運用実績1


AQUSH(アクシュ)社へのサービス開始後の借入申込の総額は30億円程度となっております。
勝手に審査承認率を10%程度と推定すると、3億円程度が実際のファンド組成額と予想されます。
ただし、もし5%だと1.5億円程度になるので、あくまで参考です。

■ AQUSH(アクシュ)の運用実績【貸倒率】

さて、肝心のファンドの運用実績です。

AQUSH(アクシュ)の運用実績2


こちらは、貸し倒れ率は0.48%とかなり優秀です。

ただ、これは他のソーシャルレンディング事業者の運用実績にもいえるのですが、個人相手の融資の場合、返済が遅延したとしても、通常の消費者金融事業者のようにすぐには貸し倒れとはせずに、何ヶ月の間かは、融資金の回収努力をするので、返済遅延があっても、貸し倒れに入っていないのではないか?といった問題点はあります。
ただ、これは投資家としても回収の余地があるのに2週間程度返済が遅延したからといって、デフォルト扱いとしてサービサーに債券を売却されてもこまります。

このあたりが個人間金融の悩ましいところかもしれません。
だからこそ、SBIソーシャルレンディングは不動産や株が担保にはいった融資案件のソーシャルレンデイングに特化しているのかもしれませんね。そういう意味ではSBIソーシャルレンディングは投資家保護が強いイメージがあります。

■ AQUSH(アクシュ)の融資先実績

AQUSH(アクシュ)では融資先について、信用グレードと貸付利率を表にして公開しております。

AQUSH(アクシュ)の運用実績3


だいたい、信用グレードがAからB程度の方へ金利5~9%程度で融資が行われている結果です。

※ 信用グレードについては下図をご参照
AQUSH(アクシュ)の信用グレード


■ AQUSH(アクシュ)が扱うアサックスファンドの募集実績

AQUSH(アクシュ)も他のソーシャルレンデイング事業者2社と同様に開始した不動産関連のソーシャルレンディングのファンドについて募集実績を検証します。

AQUSH(アクシュ)のアサックスファンドの募集実績


こちらは認知がこれからといったところか、1000万円に満たない募集額となっております。

■ AQUSH(アクシュ)が現在募集しているファンド

最後にAQUSH(アクシュ)が現在募集を行っているファンドの現状について検証します。

AQUSH(アクシュ)が現在募集するファンド


今月匿名組合に集まっている資金は約2000万円程度です。貸付充当率は約44%。

 ⇒ SBIソーシャルレンディングでは只今新春キャッシュバック1%中!

↓各匿名組合の詳細は下記をクリック↓続きを読む


10:44│


2013年01月07日

【投資家登録+DM登録で1500円+最大1%キャッシュバック!】SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディングが2013年1月4日に運用予定表を更新しましたね。

サービス開始後の累計のファンド運用額は10億円に迫りつつあり、やっと順調に滑り出しそうな気配です。

■■■ SBIソーシャルレンディング社の運用実績 ~証券担保ローンファンド~

SBIソーシャルレンディング社の運用実績01_04a


現在、累計のファンド運用額は約1.4億円。

SBISL証券担保ローンファンドはSBIソーシャルレンディング社がサービスを開始した以降、デフォルトもなく順調に残高が積みあがっておりますね。

※ SBISL証券担保ローンファンドとはSBI証券がSBI証券で株を売買するお客様へ、株券を担保にお金を融資する事業に投資するファンドです。株券が担保にはいっており、万が一、投資家がデフォルトしても株券が担保に入っているので安心です!なお、担保となる株券の時価額が一定の割合を下回った場合には強制売価する事で、出資金の安全を確保しております。

■■■ SBIソーシャルレンディング社の運用実績 ~オーダーメード型ローンファンド~

SBIソーシャルレンディング社の運用実績01_04b


SBIソーシャルレンディング社が扱うファンドの中でも一番人気となっているファンドです。こちらも、累計のファンド運用額が約6.5億円と、ファンドのデフォルトもなく順調です。

※ コーポラティブハウスローンファンドとは、数人が組合をつくって共同住宅を建設する際の建設資金に、不動産を担保に貸付を行う事業に投資するファンドとなります(一部例外あり。詳細はコチラより。)。

■■■ SBIソーシャルレンディング社の運用実績 ~無担保ローンファンド~

SBIソーシャルレンディング社の運用実績01_04c


また、無担保ローンファンドはファンドの募集をストップしている事から、ファンドの累計運用額は約7,800万円から変化ありません。

※ 無担保ローンファンドとは、SBISL社が行う消費者金融ビジネスに投資を行うファンドとなります。現在、市場環境の悪化等の理由からファンドの募集をSTOPしている模様です。

なお、SBIソーシャルレンディング社では現在、1%をキャッシュバックするキャンペーンを実施しております。

詳細はコチラから。


11:44│